空港の仕事!私がグラハン女子をして感じた【やりがい】と【ツラいこと】ランキング

グラハン女子時代の話

こんにちは。ねこた(@necotanet)です。

空港のお仕事シリーズも今回で5回目になりました。

今回はグラハン女子をやっている時に感じた【やりがい】と【ツラいこと】をランキング形式でお伝えしたいと思います!

 

空港の仕事!シリーズをまだ読んでない方はこちらから↓

空港の仕事!私がグランドハンドリング(通称グラハン女子)をしていた頃の話 ~志望から内定編
私の初めての就職先はANAのグループ企業でした。 私が学んでいたのはエアライン系の専門学校なので、グランドスタッフやキャビンアテンダント(CA)も多く輩出し、やはりそういった職業を希望する学生が多かったです。 入学当初はもれなく...
空港の仕事!私がグラハン女子をしていた頃のお話 ~研修期間編
前回に引き続き、グラハン女子だった時の話を書いていきまーす! 引っ越しをすませ、入社したところからスタートです! 前回の話まだの方はこちらからどうぞ↓↓ 空港の仕事!私がグランドハンドリング(通称グラハン女子)をしていた頃...
空港の仕事!私がグラハン女子をしていた頃の話 ~新入社員編
こんにちは。ねこたです。 今回もグラハン女子だった頃の経験談をお話していきたいと思います! 今回は新入社員編です! 前回、前々回の記事をまだ読んでない方はこちらから↓ 第一話:空港の仕事!私がグランドハンドリ...
空港の仕事!私がグラハン女子をしていた頃の話 ~3年半で取った資格編
こんにちは。ねこたです! 今回で空港のお仕事!シリーズも4回目となりました。 ちょっと変わった?職業なので知りたい方もいるかなぁ・・なんて思い詳しく書いてます。 もう少しお付き合いくださいm(__)m 今回は私が3年...

 

やりがい

仕事をしていくうえで、この【やりがい】がないと続かないと思います。

私がグラハンを3年半続けられた理由を考えてみました。

 

1位 達成感がある

特に出発便では定刻に向けて、みんなで一致団結して作業を進めていきます。

ドアを閉めて、プッシュバックして、最後に見送るのはグラハンの仕事です。

無事出発できた時の達成感はなんとも言えないものがあります。

手を振って見送りしている時に私たちに気が付いて手を振り返してくれるお客様がいると本当に嬉しかったです。

私も客として飛行機に乗った時振り返したいんですが、なかなか降れる人って限られるんですよね。

手を振るのって今では当たり前の光景ですが、ANAの整備士からどんどん広まっていったそうなんですよ。

手を振るっていう決まりとかはありません。でもみんな振りたいんです!

空の旅の無事を祈って送り出しています。

 

あとは地味ですが、PBBやHL車など、うまく装着できた時なども小さな達成感がありました。

今日は調子いいなぁとか、今日はあんまり・・・なんていうのは機材を装着するときにわかったりしました。

 

小さい達成感から大きい達成感を一日に何度も感じられる仕事ってなかなかないんじゃないかなと思い、達成感を第1位にしました!

2位 チームワーク

グラハンは一人でする仕事ではないので、このチームワークが大切になります。

貨物量が多い便の時には、色々なところからヘルプで来てくれたりします。

自分たちも空いてる時間に貨物量の多い便があったりすると、ヘルプに行きます。

そんな風に助け合うのもチームワークがあるからです。

 

飛行機に貨物を積むのが私が配属された部署の担当ですが、その貨物も機側まで運ぶ人、貨物を組む人、など色々な人が関わっています。

整備さんも機側にいるのはライン整備さんで1~2人ですが、その前にメンテナンスしている整備さんもたくさんいます。

一つの飛行機を飛ばすのに色々な人が関わっていて、自分のその一部に携わっているって思うとなんだかすごくないですか?

なので【チームワーク】を2位にしました。

 

3位 やれることがどんどん増えていく

前回色々な資格のお話をしましたが、本当に資格がたくさんある仕事です。

毎日同じことの繰り返しではなく、少しずつやれることが増えていく楽しみもグラハンの魅力ですね。

私はかなり飽き性だと思うので、少しづつしかできることが増えないってところが自分に合っていたんだと思います。

 

4位 短期集中型

私が思うにグラハンは短期集中でする仕事なんじゃないかなって思います。

出発便だと1時間前くらいから作業を始めますが、貨物を全部積んでしまい手荷物が届くまで待つ時間があったりします。

機側責任者になると、そんな暇もなく他部署とやり取りしていたりしますが・・・

休憩後に到着便がアサインされていて、到着が遅れると待機時間が長くなったり。

到着前にスポットで機側責任者から自分の担当など指示されますが、それが終わると近くの人と談笑したり。

折り返し便で忙しいときは忙しいですが、比較的まったりする時間も多くあったなって思います。

国際線の多い成田空港特有なのかもしれませんが・・・

 

普通の仕事と違って、休憩以外はずっと働きっぱなしってわけではないので、第4位にしました。

 

5位 飛行機の間近で働ける

飛行機好きならもうたまらないですよね!

やっぱり飛行機のそばで働けることを誇りに思っていたし、好きでした。

グランドスタッフも空港で働く職員ですが、常に飛行機の側にいるわけではないですからね。

チェックインカウンターとかだと飛行機の姿は見れないですしね。

グラハンは飛行機をより近くに感じられる仕事なんではと思います。

 

余談ですが、グラハンはいつも飛行機を下から見ています。なのでたまに上から見ると飛行機がいつもより大きく感じるんです。

これはなかなか見れませんがかなり大きく感じました!

 

でも、グランドスタッフの方はいつも上から見ていますよね。たまにオープンスポットで機側に行って下から見るといつもより大きく感じるんですって。

同じ飛行機なのに働く場所によって少し感じ方が変わるのも不思議です。

下から見た感じです。写真じゃわからないかもしれませんが、普段空港で見るより大きく感じますか?

 

ホントに飛行機が大好き!って感じならもっと上位になると思いますが、あんな大きいのが飛ぶのってやっぱり夢があるなぁ・・って普通の人よりちょっと好きって思うくらいだったのでこの順位になりました。

 

番外編 グラハンならではのこと

グラハンはお客様と関りが少ない部署になります。

例えばトラブルがあって飛行機が飛ばなくなったということがあると、グランドスタッフなど、旅客担当の人はお客様対応に追われてかなり大変だと聞きます。(それがやりがいに繋がる場合もあると思いますが・・・)

そんな時、グラハンは気楽といえば気楽です。

やりがいとは違いますが、グラハンで良かったな~って思えることなのでここに書かせていただきました。

ツラいこと

離職率が高いと言われる、グラハンの仕事です。

実際に私が感じたツラいことは!!!

 

第1位 雨の日、暑い日なんて関係ない・・・女子力低下の環境

寒い日も暑い日も関係ありません。

基本はタグ車といってオープンカーで移動します。雨の日はツラいです。

顔もビショビショ、支給されているレインコートを着ていても中の制服は濡れます・・・

さらに長靴も安全長靴で先に鉄?が入っているので重たいんです。

筋トレで足首に重りつける人がいると思いますが、そんな感じの重い長靴を履きます。

そして搭載プランは紙なので濡れてぐちゃぐちゃになって見れないし、HL担当になるとロックチェックするのに記入できなくなるので、色々工夫してました。

私は機側責任者にはならなかったのですが、責任者になるとさらに色々記入が必要なので大変そうでした。

若ねこた
若ねこた

雨が化粧水代わりだったよ

グラハン女子は化粧をしていても絶対落ちます!

なので化粧はせず日焼け止めだけだったり、化粧をしていても薄化粧の人がほとんどです。

コンクリートの照り返しもあるので、日焼け止めは何度も塗りなおさないと意味がありません。

どーでもいいことですが、私はこまめに塗りなおすことを怠った為、後々にシミが出来ました。

そこは後悔しています。

ねこた
ねこた

おーい!若ねこた!日焼け止めは何度も塗りなおし必須だよ!!!

若ねこた
若ねこた

ごめ~ん。だってめんどくさかったんだも~ん

 

でも腕だけは暑い日も長袖を着ていたのでそんなに焼けることなく綺麗です。

半袖だと軍手焼けと言って手は白く、腕が黒くなるのが嫌だったので。

 

ちなみに3年半の中で何度か雪の日もありましたが、見事にすべて休みだったので経験していません!!

大変だったとは聞きましたが、1度は経験してみたかったななんて思いました。

 

そしてヘルメットを被るので髪が長い人は基本1本結び。雨の日には髪の毛はもちろん濡れます。

ネイルは自由にできましたが、軍手で隠れてしまいます。

 

あと空港の外の空気って結構汚くて、耳とかに黒い粉みたいのがよくつくんです。

飛行機のエンジンや周辺機材の排気ガスだと思うんですが、汚いですよね・・・

 

働く環境は最初から分かっていることなので、だんだんと慣れてきて気にならなくなるんですが、なにせキラキラしている女子力の塊みたいなグランドスタッフやCAがすぐ近くにいます。

グラハンは接客業と違うので比べるところが違うって言えば違いますが…

 

暑い、寒い、濡れる、汚い・・・よく3K(キツい、汚い、危険かな?)って聞きますけどそんな環境です。

振り返ってみるとツラかったなって一番最初に思ったので第1位にしました!

 

第2位 危険と隣り合わせ

研修中や資格訓練の時にも過去の事故事例などを勉強するのですが常に危険と隣り合わせということを感じます。

昔エンジンに人が吸い込まれたとか、指挟めて切断とか、聞いただけでヒェ~ってなるようなことも聞かされました。

 

貨物を運ぶ荷台(ドーリー)など鉄でできているので、知らないうちにアザがよくできていました。

 

私が現役時代にした大きなケガは、パッセンジャードアを閉める時に薬指を挟めたこと。

B767は航空機の中でも特殊なドアで外側にあるレバーを下げて閉めるのですが、結構力が必要で思いっきり体重かけてレバーを下げたら握っちゃいけないのに握ってて、指が挟まっちゃいました。

 

B767のドアの開け方の動画見つけました↓

Boeing 767 cabin door opening

この映像だとレバーの中にスイッチがあって自動でドアが上がったり、閉める時も自動で下がっているんですが、私の時は全部手動でした。

レバーの中にスイッチなんてあったっけな?ってくらいです。いや、私が担当した飛行機にはなかったな。

若ねこた
若ねこた

この映像みたいに自動だったら私も指を挟めることはなかったのになぁ・・・

 

下で見ていた整備士さんも指を挟めたのに気が付いて大丈夫?って顔してました(^^;)

出発便だったので、PBB(搭乗橋)を外すところまでやりました。

THE職人魂!!

若ねこた
若ねこた

軍手に血が滲んでたけど、

PBB担当だったから頑張っちゃったよ。

PBBを外し終わったら一気に血の気が引いて貧血気味に・・・そしてすぐに病院へ行きました。

爪が割れて剥がれそうになってましたが、病院に着くころにはくっついていたので消毒して終わり

自分でもこんなケガをするなんて思っていなかったのでビックリです。

そして私が怪我をしたのは事故扱いになり、どうして挟まったのか、その対策はどうするとか、色々検証されました。

 

安全に関しては色々と対策はされていますが、ほんの一瞬の気の緩みがケガに繋がってしまいます。

私も事故事例になってしまうようなケガをしてしまったので、第2位にしました。

 

第3位 間違いが許されない

これはどの仕事でもいえることですが、空港という特殊な場所で働くのでより一層間違いが許されない仕事だったと思います。

ひとつひとつの動作が確認の連続なんです。

車を発進させるときにもタイヤ止めを外す(確認よし!)、左右の確認(確認よし!)、クラクション鳴らして、出発です。

貨物積んでロックかけたらロックよし!

機材を航空機につける時も2回ほど左右前方確認よし!

なんでも指差呼称(指さし確認)です。

 

色んな人が関わって一つの飛行機を飛ばしています。

少しのミスもないように色々なことで何重にもチェックをしています。

 

そんな特殊な環境だったということで第3位にしました。

第4位 早朝、深夜勤務がある

私のいたグループでは朝は5時半から、夜は23時半までの時間でシフトが組まれる勤務でした。

夜は夕方からの勤務なので眠くなるってことはそんなにありませんでしたが、朝起きるのがツラい!

一番早い5時半の勤務の時は、3時~4時頃に起きていました。

比較的朝は得意な方ですが、それでも寝坊して1度だけ遅刻をしたことがあります。

 

早番だとお昼過ぎに終わることが多かったのですが、家に帰ってからは昼寝をよくしていました。

翌日の勤務も早番だったある日。いつものように昼寝をして起きたら時計は5時過ぎ。

外が明るくなり始めている!!朝だっ!!!遅刻だっっ!!!

と慌てて起きて支度を始めようとドタバタし動き始めたとき、夕方だということに気が付いたってことがありました。笑

・・・遅刻をしたときの話ではなくてすみません。

 

第5位 体力が必要

バルクのバラ積みもそうですが、暑い日や寒い日も関係なく、さらには早朝深夜を含む勤務なので本当に体力がないと続きません

女子だからって優遇されることはそんなになく、重い貨物を押したり、積んだりしてました。

 

一つ、私の体力自慢のお話。

B737は中型飛行機では大型のB767やB777と違ってコンテナは積めず、全部バラ積み貨物室なんです。

狭いので中腰で形の違う2~30キロの手荷物を綺麗に積み上げます。

約130個のスーツケースを一人で積み上げました。

貨物室はパンパンです。

隙間なく綺麗に入れないと入りきらないんですよ。

最後の方は息が上がっています。むしろ腕が上がらなくなるほど。

普通は優しい男性社員が体力的にもキツい奥を変わってくれるので、女子がバルクの奥で貨物、荷物を積み上げるということはほとんどしません。基本手前で奥に流す係です。

・・・がこの時はなぜか奥をやりました。

 

私が経験したことはごく稀だと思いますが、でもとにかく体力、特に腕力は必要です。

グラハンをやっていると、体力は必然とつくと思います。

 

番外編 給料など

グラハンを調べると給料が安いって言うのをよく目にするですが、私は契約社員で時給制で働いていました。

お金はある分に越したことはないので、もっと欲しいなって思うことはありましたが、生活に困るとかそんな感じではなかったので、そこまで気にならなかったです。

 

時給制で月によって働く時間がまちまちなので、2月とか少ない時は少なかったです・・・

でも寮に住んでいたので、住居費がそんなにかかっていなかったって言うのが大きいと思います。たしか月3万くらいでした。

 

あとよく若手の正社員よりもらっていると言われてました。

ボーナスがない分、月の給料は多かったからかな?

アパートを借りて一人暮らしをしていたら結構大変なのかもとは思います。

 

残業などもそんなになかったと思います。イレギュラーで飛行機が遅れたりすると残ったりはしていましたが、基本は定時で上がれました。

雪の日はみんな残業だったらしいのですが、そんな日は稀です。

 

まとめ

振り返ってみると甲乙つけがたいもののありましたが、独断と偏見でランキングをつけました。

思ったより長くなってしまいました・・・

グラハンのことになるとついつい熱く語ってしまします(^^;)

空港のお仕事シリーズは次回が最終回!

グラハンの仕事が好きだった私が辞めた理由をお伝えしたいと思います。

 

ねこた
ねこた

最後までお読みいただき、

ありがとうございました!

続きはこちら↓

空港の仕事!私がグラハン女子を辞めた理由
こんにちは、ねこたです。 今回で空港の仕事!グラハン女子だった頃の話は最終回になります。 今までグラハンの仕事について熱く語ってしまいましたが、3年目に突入したところで辞めたくなりました。 契約社員だったのでそれまで2回は...

コメント

  1. cherry tree より:

    自分は今高校生でグラハンになりたいと思っています。専門学校やグラハンについても沢山調べてる所です。しかし、グラハンについて調べると低学歴、給料が低い、だけではないんですがとにかく悪い事が沢山かかれていて、びっくりしました。正直グラハンに本気でなりたい自分はショックでした。けれど、それでも諦めたくないという思いが強く、今回調べていた所このブログを発見して最初から全て読ませて頂きました。正直本当に読んで良かったです。改めて自信が湧きました。辛いことも沢山あるかもしれませんが、自分を信じて全力でがんばろうと思います。本当にありがとうございました。

    • たなまめ ねこた たなまめ ねこた より:

      お返事遅くなりすみません。
      とても嬉しいコメントありがとうございます!
      グラハンマンになりたいという夢とても素敵ですね!!コメントからcherry treeさんの熱い想いが伝わってきました。元グラハン女子としても嬉しい限りです。
      3Kの仕事だと言われるグラハンですが、やりがいはたくさんあります(^^)
      これから将来の選択が色々あって迷うことがたくさんあると思いますが、なりたいと思う自分の気持ちを信じて進んでください。その気持ちが辛い時の力になるはずです!
      このブログが少しでもお役に立てて本当に良かったです(^^)こちらこそ嬉しいコメント本当にありがとうございました!!!

  2. より:

    ねこたさん、こんにちは。
    私は今日、グラハンの中途採用の最終面接に行きます。
    年齢は若くないです。
    若くない私がエアラインで働きたいという長年の夢を叶えるためには、グラハンという選択肢しかありませんでした。
    本当はグランドやりたいけど、何より今はエアラインの会社に就職することが大切かなと思って、受けることにしました。
    頑張って来ます!
    参考になるブログをありがとうございました!

    • たなまめ ねこた たなまめ ねこた より:

      凛さん、コメントありがとうございます。お返事遅くなりすみません。
      最終面接どうでしたでしょうか。エアラインで働きたい、本当はグランドがいいけど…私がグラハンを受けたときと同じでしたので気持ちはわかります!
      グラハンは飛行機の間近で働くので飛行機に携わっているというのが実感しやすい職業でもあります!私はグラハン女子になってから自分はグランドよりグラハンに向いてたんだなと思いました。やってみないとわからないことはたくさんありますね。
      若くないとおっしゃっていますが、夢に年齢は関係ありません。凛さんが少しでも夢に近づけるように陰ながら応援しております。
      嬉しいコメントどうもありがとうございました!

      • より:

        ねこたさん、こんにちは。
        コメント、ありがとうございます。

        グラハンの中途採用試験に無事パスしました。
        とても嬉しいです。

        ですが、手荷物搭載業務とか今になって体力的に不安になっています。
        季節によっても…
        分かっていたつもりですが、グランドスタッフさんを横目に私はちゃんとやっていけるのか自信がなくなっています。

        漠然とした憧れだけで、とりあえずグラハンででもと思い、正直ねこたさんのブログで詳細を知ったようなものです。

        やってみたいと分からない。
        その通りだと思います。
        ここはひとまず前に進むべきですよね!?
        もう少しよく考えないと…と思う毎日です。

        • たなまめ ねこた たなまめ ねこた より:

          凛さん、まずは内定おめでとうございます!
          悩まれているようですね。私もどう答えようか悩みました(^^;)お返事遅くなりすみません。
          私はせっかくチャンスがあるならやってみるべきだと思います。やはり体験してみたいとわからないことが多いので。
          体力は新入社員はみんな最初はありませんよ!だんだんと体力もついてくるし、コツを掴めば意外に体力もそんなにいらないんです。だからそこは心配ないと思います。

          漠然とした憧れとおっしゃっていますが、私もそのような感じで空港っていいよな、飛行機カッコいいよな、近くで働きたいなって感じでした 笑
          全然いいと思います!

          グラハンといっても会社や空港、入社した後も配属されるグループによっても多少違いがあります。凛さんが少しでもやりたいなと思うことができる会社ですか?
          凛さんにとって良い選択ができるといいですね(^^)

          • より:

            ねこたさん、いつも励ましのお返事をくださいましてありがとうございます!
            今の仕事に退職願いを出しました。
            勇気を出して憧れのエアラインに進もうと思います。
            今でもグランドのスタッフさんが輝いて見えます。
            入社してからもきっと羨ましいだろうなって思います。
            でもまずは行ってみます。
            頑張っていれば、社内異動だって夢じゃないかも!?
            私のような地方では就職するエアラインの会社は地元では大手になると思います。
            今勤めているところは中小で、しかも同族企業なので、家族以外の社員は捨て石です。
            その環境の悪さを考えたら、まだ居心地いいかもです。
            やりたいことができるかどうかは分からないですが、できるように頑張ってみたいと思います。
            ねこたさん、とても勇気をいただきました。
            これからもよかったら聞いてくださいね。

          • たなまめ ねこた たなまめ ねこた より:

            凛さんついにグラハンマンになる決意をされたんですね!
            地方の空港はきっと大きい空港より色んなことを経験できると思います(^^)
            凛さんのグラハンマン人生に楽しいことがたくさんあることを祈っています!これから頑張ってください(^^)

タイトルとURLをコピーしました